評価レポートの見方

評価レポートサンプル

ONiT得点解釈およびCEFRとの比較表

CEFRONiT
段階レベルレベルスコアレンジ対応業務得点解釈
熟達した
言語使用者
C2 7255~300高度な
業務対応可能
ほぼあらゆるビジネス業務や場面において、日本語を使いこなして自然に対応できる会話の能力があります。会議などで、自分の意見を論理的に述べて聞き手を説得することができます。場面に応じて、聞き手に対し適切に配慮をしながら話すことができ、円滑な意思疎通を図ることができます。
C1 6230~254
自立した
言語使用者
B2 5205~229社外業務
対応可能
社内業務だけではなく、取引先との打ち合わせなどの社外業務にも、日本語を使って対応できる会話の能力があります。会議などで自分の意見を述べることもできます。しかし、一部聞き手に対する配慮に欠けていたり、全般的に不自然さが残ります。
4180~204
B1 3130~179社内業務
対応可能
指示の確認や、電話の伝言などの社内業務を遂行するのに、最低限必要な日本語会話能力があります。しかし、取引先との打ち合わせなどの社外業務をこなすにはやや無理があります。
280~129
基礎段階の
言語使用者
A2

A1
11~79日常会話
レベル
日本語を使ってビジネス業務を遂行できるレベルではありません。
00評価不能評価可能な発話ではありません。もしくは、場面と無関係な発話をしています。

評価レポートについての説明

高い信頼性
高い信頼性
1【ONiTの総合得点】

300点満点で総合スコアを表示

2【ONiTのレベル判定】

全8レベルで総合レベルを表示

3【分析的評価】

「発音」「文法」「語彙」「流暢さ」「構成」「配慮性」の6つの観点をそれぞれ1~4の4段階で評価したグラフを表示

4【課題達成能力評価】

12の問題ごとに、S,A,B,C,Fの5段階で課題達成能力評価を表示

5【分析的能力評価】

12の問題ごとに、6観点「発音」「文法」「語彙」「流暢さ」「構成」「配慮性」それぞれについて、A,B,C,Fの4段階で評価を表示

SAMPLEsample